雪の朝

2017年2月9日

1月の大雪の朝。病院へと続く小道に、色付いたまま寒さに耐える柿の実、真っ赤な南天が
美しいコントラストを見せた。



柿も南天も、食することができないがその路を通り抜けるとき、何ともいえない清々しい気持ち
になった。

雪が降って、春はもうそこまで来ている。

 



                               病院長 平岡 裕

過去の記事

カレンダー

12月 2019年01月 2月
30311 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 12
ページのトップへ