病院長挨拶
医師紹介
新人職員紹介
職員募集
日南病院BLOG
日南町国民健康保険 日南病院facebook
職員写真館
今、流行っている病気
奨学金制度
就職支度金貸与制度
みんなの作品集
お見舞いメール
ご意見・ご要望・ご指摘
日南病院BLOG
診療案内
受付時間
7:30~11:30
(自動再来受付機/窓口は8:15~)
診療時間
9:00~12:00
電話
(代表)
0859-82-1235
(小児科直通)
0859-82-1239
(居宅事業所直通)
0859-82-1260
診療日
内科・外科
 月曜日~金曜日
整形外科
 水曜日
小児科
 月曜日・木曜日
眼科
 水曜日
耳鼻咽喉科
 月曜日・木曜日
皮膚科
 火曜日
糖尿病外来
 金曜日

エンド・オブ・ライフ・ケアの研修を受けて

2017年10月12日

先月末に、日下看護師とともに「エンド・オブ・ライフ・ケアにおける看護」の研修を2日間にわたり受けてきました。

「病や老いなどにより、人が人生を終える時期に必要とされるケア」という考えで、

その人の人生、生活に目を向け、QOLを最大限に保ち、その人にとってのよい死を迎えられるようにすることを目標とします。

日本では死を忌み嫌う傾向があり、病院には死や苦しみを連想させる4、9の病室がありませんが、誰にでも訪れる「老い」や「死」に対す観念、死生観は、関わる私たちにとっては避けられない課題であり、自分自身が仕事に向き合う上で必要でもあります。

 2025年問題が言われ続け、多死社会を迎えますが、わが町日南町はすでに県内では人口比で最も多死な町でもありますから、こういう研修を受ける機会は本当に大切だと感じました。



唐突ですが、これは「四国三郎」と呼ばれ、以前は暴れ川として知られていた「吉野川」です。

源流は高知・愛媛県境の瓶ヶ森で、「四国のいのち」である早明浦ダムはこの上流です。

年間降水量の多い地域なので、豊かな水量には圧倒されます。

脇の国道を通る時に、気になっていた「ラフティング」に、今年とうとう挑戦しました。

 


川には、浅くて流れが早いところを「瀬」といい、流れが速く白波の立っているところを「早瀬」ということ。深い所を「淵」ということを、50年以上生きてきて初めて、ちゃんと知りました( ˘ω˘ )

この時は「大歩危」コースで約2時間のラフティングを楽しみましたが、途中の岩によじ登って川にダイブしたり、淵ではボートから降りて浮かんでみたりと、インストラクターの方の指導で、非日常の体験をすることが出来ました。

川を下っているとき、私は今までの出来事や出会った人のことなどを、川の流れとともに思い出し---頭の中では、あの名曲が流れていました♪

*沖縄にいた時、中年男性から聞いた体のあざ:戦時中に赤ちゃんだった男性を負ぶって逃げるときに、母親がきつく締めたおんぶひもで出来たということ・・若いお母さんが必死でわが子の命を守ろうとされた心情を思うと、いたたまらなくなりいつも胸が熱くなります。

*同じ官舎で暮らしていた女性:元気だった幼い娘さんを突然の病気で失い、1年くらい経ったある日、玄関の外で、亡き子が使っていたブラシに絡まった髪の毛を大事そうに見つめながら「何か捨てられなくて。送られてくる通信教育のダイレクトメールも、最初は辛かったけど、今は生きていた証のように感じる」と話していたこと。

*伯母が戦時中に、中部地方の病院に学徒動員されていたこと。

*子供たちの同級生が、白血病や、川遊びの事故や、自死で若くして亡くなったこと。

*私自身や子供が予期せぬ闘病したこと、その時に支えられた事、などなど・・今まで出会った人達との忘れられないエピソードも次々に頭を巡っていました。

川の流れは日々刻々と変化し、ボートは自分が思う方向にばかりは進んでくれません。

ぼんやり過ごせる淵あれば、そのうちに目を閉じないと怖いほどの早瀬もやってくる。

出来ることなら、順風満帆で何事も起こらず、平穏無事に過ごしたいものですが、想定外の出来事も珍しくありません。

生まれてから、もう何十年も経っているのに、私は未だに上手く舵取りできず、激流に突っ込んでばかりいるような気がするのですが、皆さんはどうでしょう (^.^)

こんな私より、もっと長く生きている高齢の患者さん達にも、様々な経験があり、語られていない出来事が沢山あると思います。

そう思うと、今よりも苦労が多かった時代を過ごしてきた高齢の患者さんたちは、それだけで「凄い!」と思えてきます。

川の流れに人生を重ね合わせて思い、高齢の患者さん達が一番輝いていた時のことを聞きたくなった研修&ラフティング体験でした。

一般病棟   森 澤

 

「女も度胸」が必要なんです!  『やばい』感じの激流!!! あ゛ーーーー(^^;∧           

     時には

00058

過去の記事

カレンダー

9月 2017年10月 11月
1 23 4 5 6 7
8 9 10 11 1213 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1234
ページのトップへ