病院長挨拶
医師紹介
新人職員紹介
職員募集
日南病院BLOG
日南町国民健康保険 日南病院facebook
職員写真館
今、流行っている病気
奨学金制度
就職支度金貸与制度
みんなの作品集
お見舞いメール
ご意見・ご要望・ご指摘
日南病院BLOG
診療案内
受付時間
7:30~11:30
(自動再来受付機/窓口は8:15~)
診療時間
9:00~12:00
電話
(代表)
0859-82-1235
(小児科直通)
0859-82-1239
(居宅事業所直通)
0859-82-1260
診療日
内科・外科
 月曜日~金曜日
整形外科
 水曜日
小児科
 月曜日・木曜日
眼科
 水曜日・金曜日
耳鼻咽喉科
 月曜日・木曜日
皮膚科
 火曜日
糖尿病外来
 金曜日

救命講習会(コメディカル)

2018年11月15日

『目標』

  1. 一時救命処置の手技の確認(胸骨圧迫、AEDの使い方)
  2. 絶え間ない胸骨圧迫
  3. 緊急事態をチームで乗り切ろう

これが、今年のコメディカル(事務室・医療技術部)の職員に課された救命講習会の目標です。

11月7日(水)と14日(水)は、事務部職員と医療技術部職員を対象にした救命講習会でした。3~4人のグループに分かれ、消防学校の先生と救急隊の皆さんの指導の下、スカートは禁止、汗拭き用のタオルと水分補給用の飲み物を持参することを事前に連絡しての開催です。

  
           指導をして頂いた救急隊の皆さん

倒れた人を見つけて行う最初の声掛けから、胸骨圧迫、AEDの装着と使用、再度の胸骨圧迫、素早い交替による絶え間ない胸骨圧迫、チームで声を掛け合いそして評価をしながらの実技です。

胸骨圧迫も20回を超えると、かなり疲れますので「次、10回で交代します!」と言って手を組んで前に仲間が来てくれたら、元気が出ます。「もう少し、体を近づけた方が良いよ!」「もう少し強く押した方が良さそう!」と声をかけあい、どのチームもチームワークも実技もバッチリ!!でした。


  

  


病院の中でどこにAEDがあるのか?勿論職員は知っているとは思いますが、自分の家の一番近い所ではどこにAEDあるのかを確認しておこうと思いました。

自分の大切な人を助けるために、こういう知識や技術を身につけておくことは大切です。

一生のうちに一度も出会わないかもしれませんが、こういう危機的な現場に遭遇した時に、傍観するのではなく、足が自然と動いて、率先して救命処置をしている輪の中に入っていけるヒトでありたいです。

最後に・・・

ご指導いただいた消防学校の先生と救急隊の皆さん、ありがとうございました。

研修委員

過去の記事

カレンダー

12月 2019年01月 2月
30311 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 12
ページのトップへ