面会禁止から面会制限に変更致します。

面会者本人、その同居者などの行動歴、症状よりリスク検討して面会を許可することにしております。

面会は予約制のほか、下記の面会可能な条件を満たす必要があります。詳しくは病棟までお問い合わせください。

 

面会可能な条件

(1)患者の条件

 1.主治医の面会許可がある

 

(2)面会者の条件

 1.面会者、およびその同居者が過去2週間以内に中国5県以外への行動歴がないこと

   また、居住、滞在又は勤務をしていないこと

 2.面会者、およびその同居者が過去2週間以内に新型コロナウイルス感染者、感染の疑いがある者、濃厚接触者でないこと

   および中国5県以外の地域からの帰省客含めた訪問者などとの接触がないこと

 3.面会者、およびその同居者が新型コロナウイルス感染症に感染していないこと

   (過去に感染し回復した場合には、職員などへご相談いただく)

 4.面会者、およびその同居者が過去2週間以内に発熱がないこと

 5.面会者、およびその同居者の健康状態に問題がないこと

 6.小児(15歳未満)でないこと

 

(3)面会の方法の条件

 1.病室への入室はなるべく空間的、時間的に隔離:人の少ない動線、時間を選ぶ

 2.面会時は、病院に入る時点から出る時点までスタッフが見守る

 3.壁などの病院の施設になるべく触れないこと

 4.病院に入る時点、出る時点、病室へ入る時点、出る時点で手指消毒を行うこと

 5.患者、面会者のサージカルマスク着用、必要あれば医師に相談して他のPPEも検討する

 6.身体接触は手指消毒を確認の上、手で触れるのみ、抱擁は避ける

 7.面会者が自身の涙、鼻水など体液を触らない、患者の体液に触らない

 8.一度の面会者は原則3名まで、面会時間:15分以内、面会の頻度は週1回を原則

   小児(15歳未満)の面会は避ける

 9.大部屋での面会はできるだけ避けるが、カーテンによる隔離など含め感染管理を徹底した上で、

   移動が困難など、症状に応じて大部屋での面会も許可